転勤になった時の光回線への対応について

転勤になった場合には移転または解約

「急な転勤になってしまった」「転勤先でのインターネットどうしよ?」と考えている人も少なくないでしょう。

では具体的にどのようにすればいいのでしょうか?

すでに光回線へ契約しており、現在も利用しているという人は転勤先でも利用することのできる「移転手続き」をするか解約をするかの選択肢になります。

移転手続きは西日本から西日本に引っ越しをする人のみ移転可能で、同じように東日本から東日本に引っ越しをする人のみ移転手続きすることができます。

西日本から東日本に転勤をする人は移転手続きを行うことができず、自動的に解約という選択肢になります。

解約にかかる様々なお金について

転勤によって現在契約している光回線を解約せざるおえない場合は状況によって様々なお金が必要になります。

  • 契約期間内の解約ならNTTとプロバイダーそれぞれの解約違約金
  • 工事費の残額一括支払い

解約にともない必要となる違約金は主に上記のようなものになります。

基本的に光回線やプロバイダーの契約は2年契約となっており、2年以内の解約の場合には回線業者とプロバイダーに対して解約違約金を支払わないといけません。

また光回線の工事費は最初に一括で支払うか、分割で20回払いなどにしている人がいますが、分割にしている場合は残りの工事費を解約と共に一括で支払う必要があります。

更新月に解約するのがベストだが・・・

転勤などは急に言われてしまうことが多く対応するのが難しいですが、解約違約金を支払いたくないのであれば契約更新月に解約するしかありません。

ある程度転勤が分かっている場合には解約する必要のないWIMAXなどのモバイル回線に契約するなど考えておく必要があると思います。

新規契約ならキャッシュバックを貰おう

転勤に伴い現在の光回線を解約せざるおえない場合には、新たな光回線などのインターネット回線に新規契約することになります。

新規契約ではどのインターネット回線も高額なキャッシュバックなどのキャンペーンが行われていますので利用しない手はないでしょう。

転勤先で2年以上生活するという人は光回線で良いと思うのですが、2年以内にまた転勤する可能性がある人はWIMAXなどのモバイル回線もおすすめです。

解約違約金を支払った人は新規契約で貰える高額キャッシュバックを足しにしましょう。

参考サイト転勤先のインターネット契約ナビ

このページの先頭へ